テーマ:社寺仏閣

今さら紅葉? 「琴坂」のもみじ

そうなんです。 もう、今年の紅葉は終わってしまったと云うのに、今さらですが・・・。 「琴坂」の紅葉をUPする機会を逸してしまいました。 去年もおととしも、先おととしも見頃を逃しました。 遅れ馳せの紅葉ですが、2010年の記録として残しておきます。 ところで、『「琴坂」って、いったい何処にあるの?』 ですね。(笑) …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

書寫山圓教寺の精進料理

日本で初めて世界文化遺産となった、姫路城がある姫路市の郊外に、 「書寫山圓教寺(ショシャザンエンギョウジ)」と云う天台宗のお寺があります。 数年前には、トム・クルーズ主演「ラスト・サムライ」の 世界的な映画のロケ地として脚光をあびた寺でもあります。                     …
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

6月の「湖東三山」 その4(百済寺)

「湖東三山」、最後に訪ねたのが山号・釈迦山の「百済寺(ひゃくさいじ)」。 白洲正子の「かくれ里」や五木寛之の「百寺巡礼」にも出てくるお寺です。 今から1400年前の推古14年(606年)に、渡来人(百済人)のために、聖徳太子が創建したと云われますから 「湖東三山」では最も古い歴史を持つ古刹でもあります。 三山の中で百済寺…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

6月の「湖東三山」 その3(金剛輪寺)

「湖東三山」まん中のお寺が、「松峰山 金剛輪寺(こんごうりんじ)」です。 今から1200年前、大仏様を建立された聖武天皇と行基菩薩により天平13年(741)に開山された天台宗の巨刹。 本堂は鎌倉時代の代表的な和様建造物として、西明寺本堂と同じく国宝に指定されています。 これが入り口の門(黒門)です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の「湖東三山」 その2(西明寺)

最初の寺「龍應山 西明寺(さいめょうじ)」は、名神高速道路・彦根ICと八日市ICの丁度中間あたり、 高速道路が寺の境内を潜り抜けています。                   (西明寺 山門) 山門をくぐると、直ぐに高速道路。 そこを橋で渡ると両側が緑いっぱいの参道が続きます。 秋にはこの楓の緑が見事に紅葉する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の「湖東三山」 その1

禅問答ではありませんが、「山、山にして 山にあらず!」、そんな山に登るのいいものです。 琵琶湖の東に広がる湖東平野、連なる湖東の山々、 そこに、「山、山にして 山にあらず(?)」の“山”がありました。 「湖東三山」です。 病んで、もう高い山や激しい山行は出来なくなっても、 “山”と聞くだけで、心が騒ぐ私には、こんなしん…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

干支の山 「牛松山」

私の老いぼれ山仲間では毎年一月の初山歩きは、 その年の干支の名前が付く山へ登るのが恒例になっています。 今年は丑の年、京都近郊にも「牛」と名が付く山が幾つかありますが、 亀岡にある「牛松山(629㍍)」へ登ることにしました。 亀岡は明智光秀が信長に反逆し本能寺に向った城、亀岡城(亀山城)の在る所。 信長に中国征伐の命を…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

遅れ馳せの初詣

物の本によると、「初詣」とは、年が明けてから初めて寺社に参拝すること。 一般的に正月三が日に参拝することとあります。 なのに、今年はまだ神社へのお参りが出来ていませんでした。 昨日、「日展」を見に行った折、美術館のすぐお隣にある「平安神宮」へ、 遅まきながら“今年の初詣”です。 一月中なら問題はありますまい。 …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

九州横断・西から東へ 「高千穂峡、高千穂神社」

高千穂へ来た人は、誰もがここを訪れるでしょう。 今は新緑が美しい「高千穂峡」です。 太古の昔、阿蘇山の噴火活動で噴出した溶岩が急激に冷却ししたために、 柱状節理の素晴らしい懸崖となった渓谷ですね。 高いところで100㍍もある断崖が東西にわたり7㌔も続いているそうです。 この渓谷で、最大の見どころは、写真…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

九州横断・西から東へ 「高千穂・天岩戸神社」

阿蘇の火口見物をした後、高千穂へやって来ました。 高千穂と云えば「神話と伝説の里」ですね。 ならば、その「神話と伝説」を訪ねて、「スビリチュアルの旅」へ。 先ずは、云わずと知れた「天岩戸神社」です。 天岩戸神話を今に伝えるこの神社は、天照大神がお隠れになった「天岩屋戸」を御神体として、 お祀りしている西…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more