「吉祥草」

庭に「吉祥草(きちじょうそう)」が咲き出しました。
赤い花茎に薄い紫がかった白い花をつけて。

「吉祥(きちじょう)」とは、仏教用語では“よい兆し”のことだそうです。


画像



「吉祥草」と云う名前は漢名なんですね。
普段は花は咲かないけれども、吉事がある時に、その前ぶれとして花が開くと云う言い伝えから、
この名がついたと云います。
ヤブランの仲間でユリ科の常緑の多年草です。


画像

画像



ところが、我が家の庭では滅多に咲かないどころか、
毎年この季節になると、庭の半日陰の中で沢山の花を咲かせます。

かと云って毎年吉事があるでもなく、その前ぶれだと云えそうにもありませんし・・・ 。
まあ、悪いこともないのが吉事なのかもしれませんね。(笑)



画像



ならば、毎年咲き続けて欲しいと思ったりもして、
そんな縁起のいい名前が気に入っています。



"「吉祥草」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント