芝生の庭に・・・、「招かざる客」

庭の一角に20坪程の芝生の庭があります。
昔はゴルフのパターの練習も出来たのですが、
今ではフェアウェイの状態どころか、もうラフそのものです。(笑)

そんな芝生の庭に、「招かざる侵入者(客)」が居ついてしまいました。
勝手に、そして知らぬ間に・・・。



画像



まず、「ニワゼキショウ」。
しかし、可愛い花ですね。

舶来の花です。
                           


画像
                            「庭石菖(ニワゼキショウ):アヤメ科」


我が家の庭は、“来るもの拒まず”が家主の考え方。
しかも、追い出すなどと、そんなこと滅多とありません。

だから、「オヘビイチゴ」も厚かましくも堂々と。
この花も黄色の可愛い花です。
ヘビイチゴと名前が付いていながら、花もヘビイチゴにそっくりなのに赤い実はなりません。



画像
                              「雄蛇苺(オヘビイチゴ):バラ科」


「ハルジオン」も、「アカカタバミ」も。
それに、「トキワハゼ」もが仲間入りしています。
小さな花の初夏のギャラリーですね。



画像
                               「春紫苑(ハルシオン):キク科」
画像
                             「赤片喰(アカカタバミ):カタバミ科」
画像
                           「常盤爆(トキワハゼ):ゴマノハクサ科」


そして、最後に登場するのが「アカバナユウゲショウ」。
夕方になると花開いて、翌朝には萎んでしまうことからこの名前が付いたと云います。
アメリカ大陸から明治期に観賞用として渡来して、現在は野生化してしまったようですね。
しかし、なんとも粋な花であります。
野の花としては大変優雅で、つい見とれてしまいます。



画像
                     「赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ):アカバナ科」


名もない(あるある!戸籍も名前もちゃんと有る)野草たちにとって、この芝生の庭は居心地の良い場所のようですね。しかし、そんな荒れた芝生の庭も、見ようによってはホッと一息気の抜ける心癒される場所でもあるのです。
こうなれば、芝の庭のメンテをサボったつけもまんざらでもありません。

でも、夏に向かって、これからは芝の成長期。
芝刈り機を入れるべきや否や?
この可愛い小さな花たちのその時の運命やいかに?  “ジャジャジャジャ~ん”  
思案のしどころですね。 庵主どの! さあどうする?


庵主さまは、
今まさに、「朝顔につるべとられて貰い水」の心境と云ったところです。(笑)





<余計なお話>
まだ、生きておりました。(笑)
早いもので、5月も終わろうとしていますね。やっとブログをUPしてみたい気分になりました。
庭の花たちとおしゃべりしていると励まされてそんな気持になっています。
コメントのご返事も遅れています。申し訳ありません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2010年06月01日 05:28
おはようございます。
招かざる客も住み心地の良い所をちゃんと知ってお出ましのようですね。
それぞれに可愛らしいので、取り除けないお気持ち良く分かります~♪
でも、放っておくと大きな顔をし始める厄介なお客殿でもありますね。
昭和天皇は雑草という草はないと、お庭を自然のままにしておかれたそうですが…。さて、どういたしますか?
2010年06月01日 09:32
随分済み心地よさそうなお庭です!!
私も来るもの拒まず種々雑多狭い庭で元気に育っています。
アカバナユウゲショウも輸入しようと思っていました。
久しぶりにブログ見せて頂き、幸せな気持ちになりました。
庵主
2010年06月01日 09:53
うふふさん、朝早くから有難うございます。
5時半だなんて、私にはまだまだ夢見の真っ最中でした。(笑)
悪い奴らですが可愛いですね。四季折々に違った連中が顔を出しにやって来ます。
しばらくの間、昭和天皇と同じようにしておくことにいたします。有難うございます。
庵主
2010年06月01日 10:01
ハッピーさん、お早うございます。
コメントいつも有難うございます。“来るもの拒まず”ですが、もう大変です。周りが緑いっぱいの梅畑と里山ですから侵入者もいっぱいです。お客のみんなは舶来さんが多いですね。多国語で対応しないといけません。(笑)
2010年06月01日 13:46
こんにちは~ 庵主さま
昨日出会ったかわいいお花の名前がわからなかったのですが、、、
それがアカバナユウゲショウとわかりうれしく思いました。
お訪ねしたのがナイスタイミングでした。(笑)
お客さま みなかわいいです。(^^♪
またお話出来てうれしいことでした。
2010年06月01日 14:08
こんにちは~
招かざる客・・・題名を見て、てっきり蛇かモグラかと思ってしまいました。そうしたら何と可愛い草花で安心いたしました!
朝夕の犬の散歩の時、いつも道端の小さな草花に目が留まります。あの紫の小さな小さな花は「トキワハゼ」だったのですね!
雑草というには失礼なくらい、可愛い花たちですよね
bigot爺
2010年06月01日 22:11
庵主さま
“招かざる侵入者たち”にどうか御慈悲を!
庵主
2010年06月01日 23:00
primroseさん、こんばんは。
コメントいつも有難うございます。花の名前が分からない時にふとしたきっかけで分かった時は嬉しくなりますね。私にもそんなことが良くあります。お手伝い出来て良かったです。
可愛い招かざるお客さまには痛し痒しです。(笑)
庵主
2010年06月01日 23:15
ミセスマンデルさん、こんばんは。
コメントいつも有難うございます。期待に副えず申し訳ございませんでした。
蛇もモグラも時々やって来ますが居座ることはありません。(笑)
小さな花もよ~く見ると別嬪さんばっかりですね。
「トキワハゼ」によく似た瓜二つの花に匍匐茎で広がってゆく「ムラサキサギゴケ」があります。茎が長ければ「サギゴケ」です。もう一度ご覧になってくださいませ。
庵主
2010年06月01日 23:29
bigot爺さん、こんばんは。
コメントいつも有難うございます。庵主は菩薩さまの再来と云われています。殺生などするはずがありません。(笑)
芝生の庭には他に「チドメグサ」などもはびこって、もう手の付けようもありませんよ。開き直るしかなさそうですね。(笑)
2010年06月03日 23:33
庭の可愛い花々に、隅々に居座る雑草に逞しさを感じますねぇ。
季節が変われば何時ものように姿を見せる花たちに勇気づけられます ♪
庵主
2010年06月04日 19:28
ログの大好きな徳さん、こんばんは。
コメントをいつも有難うございます。雑草ってとても逞しいですね。小さい花でもよ~く見るとなかなか大したものでそれぞれが個性のある美しさを持っていますよね。季節ごとにいろんな花が顔を出してくれます。
mugen
2010年06月05日 08:13
我が家の庭も千客万来なので、今大変です。
庵主さん宅の可愛いお客さん・・・幸せですね♪

先日散歩の道に咲いていた花、名前は思い出せなかったのですが「去年庵主さんのブログで見た花だわ!」と気になっていました・・・アカバナユウゲショウでした。
2010年06月05日 22:38
こんばんは♪
案じておりました
お忙しい時期であるのでしょう。。
とおもっておりましたがお庭の小さなお花とお喋りされていたのですね(笑)
ニワゼキショウは整った形としっかりした色のコントラストに見蕩れてしまうお花ですね
ピンクも黄色も居心地が良くてすっかり居ついてしまうのですね
ニワゼキショウに姿を変えて魔女もこの芝にそっと居つきたい思いです




庵主
2010年06月06日 22:42
mugenさん、こんばんは。
コメントいつも有難うございます。居心地がいいと云うことは幸せなのかもしれませんね。(笑)
「アカバナユウゲショウ」と云う花は、姿も花の色もいいですね。名前もいいでしょう。?(笑)雑草と云うにはもったいないです。
庵主
2010年06月06日 22:56
コケ魔女さん、こんばんは。
コメントいつも有難うございます。ブログUPサボっておりました。お気をかけさせたようですみません。閑過ぎるものですから毎日庭の花たちとおしゃべりばっかりしておりました。(笑)
「ニワゼキショウ」は小さいけれどシャキっとしていて大好きな花です。毎年この季節になると出会いが待ち遠しいですね。
魔女さん、姿など変えなくってもいいですから何時でもお越し下さい。大歓迎します。(笑)
2010年06月09日 21:11
こんばんは~
庭の芝生の珍客可愛いお客様ですね
我が家も時々居座られます
お花が咲き終わるまで其処にいても良いよとしています
庵主
2010年06月10日 23:44
おととさん、こんばんは。
コメントいつも有難うございます。芝生の庭にはあまり来て欲しくない花たちですが、可愛いですね。
今では少しずつですが知らぬ間にどこかへ行っているようです。(笑)
もうしばらく芝のバリカンは止めておきましょう。