春の魁、「ニホンズイセン」

平穏な新年を迎えましたが早いものです。
松の内も今日まで。
正月呆けからはもう卒業しなければいけませんね。(笑)

庭に早咲きの「ニホンズイセン」が咲きはじめました。
12月の初めから顔を出し始めています。



画像



「十年一昔」とよく言いますが、最近では世の中の移り変わりもより激しくなって、
この言葉も死語となりつつあるのかもしれません。
しかし、数字で表してみると今年の2010年はひとつの区切りの年と考えて好いかもしれませんね。

先日、ある新聞のコラム欄に、こう云う記事がありました。
「西暦で2010年と云う区切りのよい年を迎えると、
さて10年前はどうしていたかな、その10年前は・・・と思いが巡る。
前の区切りよき年は、前年の大晦日から夜通し待機して、コンピュータの混乱に備えていた。
◆結局、 「2000年問題」で深刻なトラブルは起きず、最も大きな影響と云えば、
新聞記者同様に企業や官庁で大勢の人が警戒出勤したため、
初詣や行楽を近場で済ませる人が増えたことだった。今思えば笑い話である。
(中略) 
◆政権交代の後で初めて迎えた年の初めは、不安と期待が交錯している。
この正月を10年後はどう振り返るのか、20年後は・・・と考えてしまう。
不安は杞憂に終わるかもしれないし、期待は裏切られるかもしれない。」
 と。

振り返れば、確かにこのコラムの記事のように「2000年問題」では固唾を呑んだ記憶があります。
何事もなくホッとして、初詣や行楽も近場で済ませたひとりであったわけですね。

企業戦士と云われ、突っ走って来た時代が過ぎて、
今では懐かしい楽しい思い出話のひとつになってしまいました。
ふと親近感をもってコラム欄のこの記事に目が止まったのも無理からぬことでした。(笑)



さて、ならば我が身辺のこれからの10年はどう変わってゆくのだろう。
10年後にこの正月を振り返ることが出来るのか、我が命は定かではありませんが、
国のため企業のため家族のために(少しオーバーですね)と、一生懸命に通り過ぎて来た時間のご褒美として、
これからの10年はもう少し自分のための時間を増やしてやってもいいのではと思ったりしています。



画像



去年の夏、学生時代のクラブのOB会の集まりで、
10年後に小学生の息子さんとアフリカ・タンザニアにある「キリマンジャロ」(アフリカ大陸最高峰:5,895㍍)の
登頂を夢見ている後輩 (K2のあるパキスタン・カラコルム山塊遠征の経験有り)に、
一緒に登りましょうと誘われました。

10年後、その時私は80歳。
(小学生の登頂をサポートするために経験豊富な年寄りがいても好いかもしれません、それより頼りになる
 お父さんがいるから私にとっても安心ですが、)
果たして、キリマンジャロの頂で、「10年前に企てた夢が達成できたぞ」 と小躍りできるのか、
“夢はでっかい方が好い” と無謀な企てを考えました。
たとえ夢が実現出来なかったとしても、やらずに後悔するより実行に向かって行動することが、
楽しいではありませんか!



新しい年を迎えて、春の魁、「ニホンズイセン」の咲くさまを眺めながら、
繰り返される年どし、次の区切りとしての10年後を迎えるために、
これからの10年間を実りある時間にしたいと思いを新たにしています。


来週初めに友人たちと久しぶりの「黒岩水仙郷」を淡路島に訪ねます。
穏やかに水仙の群れ咲く中に身をおいてみるのも好いかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年01月07日 12:20
「2000年問題」で固唾を呑んだことを思い出しました。
あれからもう10年になるのですね。
「10年一昔」早いです!10年なんてあっという間。
10年後の夢に向けた庵主さんの向かっていく心、
素晴らしいです!成功されるように祈ります。
10年後、その時私は90歳。どんな90歳になって
いるんだろう(笑)
「ニホンズイセン」の清らかな姿、いいですね。
心洗われます。
bigot爺
2010年01月07日 12:21
10年前、、、
郊外のI 店で勤務していました。
その頃は仕事に燃えていましたね~!
“2000年問題”で、大晦日は事務所で
新年を迎えたことを思い出しました。
一杯飲りながら、、、(笑)

2010年01月07日 13:55
今日は。
楽しいですね・・・10年・・考えればほんの瞬く間のような感じで、
通り過ぎてしまいました。
これから先の10年・・・いのちをいただいて居ればの話ですが、
今まで以上に早く過ぎる法則ですよね。
不思議ともう今!、振り返る人生に突入していますが、
一旦ストップしましょうかね(笑)
振り返れば10年前義父を介護しながら・・色んな活動を
今以上にしていたように思います。
多分介護のストレスのはけ口を活動に回していたのでしょうか?
2010年01月07日 16:42
10年前ですね。
この年、暮れも押し詰まった頃に初孫が生まれました。
我が家の一大ニュースが、年も変わろうという時でしたのでアタフタしましたよ。
なんだかあっという間だったような~。
2010年01月07日 19:38
こんばんは。
そういえば2000年問題というのがありましたね。
すっかり忘れていました。あれから10年なんですね。
平成20年の時も、平成生まれの人が成人式!と驚きましたが、時間というものは不思議なものですね。
庵主
2010年01月07日 21:36
いつもばらいろさん、こんばんは。
コメント有難うございます。時がたつのは本当に早いですね。
2000年問題の頃はまだバリバリの現役で東奔西走しておりましたが、10年経った今は静かなものです。この落差にももう慣れてしまいました。(笑)
これからの10年先はどうなるのか分かりませんが、兎に角、元気でいて周りの人たちに迷惑だと思われない存在でありたいと願っています。
お互いに健康にだけは気をつけましょうね。
庵主
2010年01月07日 21:43
bigot爺さん、こんばんは。
コメント有難うございます。2000年問題では警戒出勤しておりましたか、何事もなくその一杯もさぞや美味しかったことでしょう。(笑)懐かしい話となりましたね。
これからの10年は自分の時間に燃えてください。
庵主
2010年01月07日 21:56
やろいさん、こんばんは。
コメント有難うございます。10年の間にはひとそれぞれにいろんなことがあったことと思いますが、確かに瞬く間の感じは同じ思いです。
これからの10年は“今まで以上に早く過ぎる法則”ですか、なるほどですね。
でも、早く過ぎる分、人生を振り返りながら一旦ストップしてゆっくり休憩しながら行けばよろしいのですよね。ゆっくり、ゆっくりと参りましょう。(笑)
庵主
2010年01月07日 22:05
うふふさん、こんばんは。
コメント有難うございます。命のつながりが出来てめでたいことでなによりでしたね。と云うことは初孫さんは今10歳、これからの10年、20年が楽しみですね。
これからもめでたいニュースが続きますように。
庵主
2010年01月07日 22:27
湖のほとりから・・・さん、こんばんは。
コメント有難うございます。コンピュータ問題もミレニアムと云うことで大変だったんですよね。今思えば世紀の変わり目に生きて立ち会えたと云う事は記念すべきことてもあったんですね。
仰せのように時間というのは確かに不思議なものです。
大川村の大自然
2010年01月07日 23:36
こんばんは。
みなさんのコメントを拝見しながら、私も
10年前(神戸の病院で)ヒヤヒヤしながら
徹夜で警戒していたことを思い出しました。
あの頃は、まだバリバリと仕事をしていましたが
今では、定年後の事ばかり考えるようになりました(笑)
2010年01月08日 10:55
ミレニアム思い出しました。
すぐ固まるパソコンはこの時でしたかしら???
そのころから私、家計簿入力でパソコン始めましたが、この頃お遊びオンリーになり時々忘れます。
後も先も考えず今日一日で精一杯になりました。
黒岩水仙卿楽しみに待ってます。
庵主
2010年01月08日 22:44
大川村の大自然さん、こんばんは。
コメント有難うございます。10年前は世紀が変わると云うことだけで、皆さんどこも大変だったんですね。病院などはコンピュータが誤作動起こすと命に係わりかねませんからね。人間って元々は自然児だったはずなのに機械がなければ生きてゆけなくなってしまいました。豪いことになりました。(笑)
大自然さんは定年間近なのですか?定年を迎えたら大川村の大自然が待っててくれるから好いではありませんか。
その時は定年祝いに大川村へ駆けつけますから連絡下さい。待ってま~す。
庵主
2010年01月08日 23:05
ハッピーさん、こんばんは。
コメント有難うございます。世紀の変わり目に生きていたことは、まさにハッピーでしたね。(笑)
2000年問題と家庭でのPCが固まることとは直接的には関係ないことだと思いますよ。
ハッピーさんはパソコンで家計簿をお付けですか。計算は速いし間違いはないし統計もとれるし楽でいいですよね。PCと云う大人のおもちゃが出来て好かったではありませんか。(笑)
黒岩水仙郷、天候がよければいいのですが予報はあまりよくなさそうです。
2010年01月09日 20:33
やらずに後悔するのは残念です物ねぇ。
でもボチボチログハウスの完成を目指すのもそろそろ
やめにして、一気に完成させたいものです。(笑) 
2010年01月09日 21:25
こんばんは~
10年ひと昔を考えると世の中がずいぶん変わっているでしょうね
2000年を念を迎えた時何をしていたかと?身の周りでは余り変ったことがなかったので、これといった事なく過ごしました
此れからの10年後お友達とキリマンジャロへの夢は夢として持ち続けてくさい
庵主
2010年01月09日 23:47
ログの大好きな徳さん、こんばんは。
いつもコメント有難うございます。そうなんですよ。やらずに後悔するより、例え後悔したとしてもやってた方が気持の整理もサッパリですよね。いつもそう思っています。
いやいや、ログハウスの完成は一気にやるより、ゆっくりの方が楽しいでしょう。
庵主
2010年01月09日 23:58
おととさん、こんばんは。
コメント有難うございます。10年経つのも本当に早いものですね。
西暦2000年の年はシドニー・オリンピックが開催されて、あのQちゃんがマラソンで頑張った年でもありますね。色々ありました。
10年後の自分は神様だけが知っているのかもしれませんが、兎に角元気な年寄りで居さえすれば夢もまんざら達成できないことはないと思っています。(笑)頑張ります。
ミセスマンデル
2010年01月10日 08:27
おはようございます。
区切りのいい年、2010年、頑張らなくちゃあ~
庵主さんの10年後の夢、いいですね~
私も夢を忘れず、元気でがんばろう~っと

先日、友人が百本ほどの水仙の花束を送ってくれまして
今、水仙の香りに酔っています。
北陸では越前海岸の水仙が有名ですが、淡路島の水仙峡も
いいらしいですね。
いいなあ~楽しんできてください。
2010年01月10日 10:38
色々な年があったですね。。PC問題思い出しました
10年を区切りに蘇るとあっという間の10年だったけど
私には一番波乱にとんだ10年だったかもしれません。。
これから先は超あっという間の10年になるのですよねえ
怖いな~ もちろん生きてます(笑)
庵主さんの大きな夢の実現に加担したくなってしまう
おせっかい魔女です(笑)
夢の実現のための準備がまた楽しいことです
どこまでやれるか!って自分に対しての挑戦でもありますね
世界の流れがどうであれ、周りの意見がどうであれ
己を信じて前に一歩を踏み出す。。トライ!挑戦!
庵主さんの区切りにエールをおくります


庵主
2010年01月10日 18:58
ミセスマンデルさん、こんばんは。
コメント有難うございます。お互いに頑張りましょうね。
10年後、庵主はキリマンジャロの頂上に立っているかもしれませんよ。頂上に立てると云うことは普段も元気であつた証拠になるのですね。用意周到に年寄りの冷や水とならぬよう頑張りますよ。
越前海岸の水仙群随分以前に訪ねたことがあります。とても綺麗でした。
庵主
2010年01月10日 20:42
コケ魔女さん、こんばんは。
身辺ご多忙なのにお訪ね下さって、しかもコメントいつも有難うございます。時の流れを区切る必要もないのですが、どうしても区切りたくなってしまいますね。(笑)
魔女さんにとってこの10年は大変な時間であったとお察しています。しかし、与えられた運命を強い気持で乗り越えて来られた生き方には、敬服とともに私を含めて貴女に接する全ての人たちに強い勇気を与えていると思っています。だから、これからの10年も絶対に大丈夫です。もちろん生きてもらってますよ。(笑)

そして、私のこれからの10年の大きな夢実現の為に是非おせっかいしてください。(笑)
後輩の小学生の坊やに世界最年少7サミッターのスタートを切ってもらうためにもサポートしようと思っています。強い力を貸してくださいね。(三浦雄一郎氏のご子息豪太氏は最年少11歳でキリマンジャロに登頂しています)

>己を信じて前に一歩を踏み出す。。トライ!挑戦!
まさに、仰せの通り、いつも程よい緊張感を持って何事にも挑戦し続けましょう。有難うございました。
2010年01月11日 00:04
10年あっという間でした。
一年も、一週間も・・そんな風に感じているこのごろです。
10年後の自分はというと、さて、はて?
今、元気でいられるから、やりたいことができる、頑張れる、希望がもてる、としか自分に答えが見つからないです。現実は、甘くないですが、私が花の栽培を始めたのも、もしかして、そんな運命のレールが敷かれていたのかな~って思ったり、ガーディニングを初めてから、いつか、花を通じて 地域の人に喜んでもらいたいと夢を持っていました。切花園をつくりたいなあって・・その夢に向かって行っているのかな~とも思ったりしています。(正直、生活のためとなると、夢が壊れちゃいますけれどね・・急展開の人生が、2010年に幕開けで、記憶に残ります。)
10年後には、もっと広い範囲で、笑みを浮かべてくれるようになるかもと、こうして話しいている間に夢が膨らんできました。わが人生の挑戦状に、答えを出せるのはいつになるでしょう~
庵主
2010年01月11日 13:03
にこにこ通りさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。元気に生きていられるからこそ夢も追いかけることが出来るのですよね。お互いに頑張りましょう。(笑)
>わが人生の挑戦状に、答えを出せるのはいつになるでしょう~
いつになるのでしょうね。(笑)答えが出るまで夢を追いかけるなんて好いではありませんか?
以前私は、若い頃のことですが幸運にも機会があって松下幸之助さんに直お話を伺ったことがあります。「夢は持ち続けなさい、夢を語り続けなさい、そうすれば必ずや貴方のその夢に賛同して応援してくれる人が必ず出来るのです。その人たちと一緒に夢に向かって進めば夢は叶えられるものなのです。」と。
人生の夢はあきらめちゃいけないことを教わりました。今もそう思っていますよ。(笑)
私の故郷の長崎で花卉栽培をやっている幼馴染がいます。彼女はにこにこ通りさんと一緒で花が大好き。今は息子さん共々手広く切花の出荷は関東まで広がり、持ち続けた夢を実現しました。
にこにこ通りさんが夢実現に向かっている姿をいつも幼馴染の彼女と重ね合わせながら見ています。
名前の通りいつも笑みを浮かべて頑張ってください。
2010年01月11日 21:16
こんばんわ。
日本水仙、楚々としてて、私も大好きな花です。
私がボランティアしている「日本昭和村」の斜面にも水仙を咲かせよう!と、1昨年前から球根を植え付け、昨年は約二万個ほどが花を咲かせました。
でも、越前海岸のようにはまだまだ行かず、隙間だらけです。
夏場の草取りも大変ですが、咲いてくれたことに愛おしささえ感じます。

この年齢になりますと、友人たちとの会話の中で、年金、病気の話しばっかり。。
10年後はどうなっているのか誰もが分かり得ない状況ですが、前向きに精一杯生きて行けたら良いですね。
そうそう、「日本昭和村」というのは、淡路島の「ファーム」という会社が経営しています。建物は岐阜県のもの。公設民営です。
お気を付けて行ってらっしゃいませ!
庵主
2010年01月12日 00:27
ハーモニーさん、こんばんは。
コメント有難うございます。性懲りもなく夜なべしていますが、意識朦朧もう限界です。(笑)「日本昭和村」今度是非行ってみます。
今年はこの時期にいつもそちらで開催されていた宮谷孝子さんの布絵展は開催しないそうですから、ついでではなく春先の花の綺麗な時にでも訪問することにします。
ハーモニーさんの10年後はまだまだ大丈夫ですよ。(笑)
淡路島の水仙郷、明日から行って来ますが、何だか天候がいまいちのようですね。
おやすみなさい。