テーマ:

けふの庭から・・・ 「ヤマアジサイ」

今日は好く雨が降ってくれたね。 一日中だったもんね。 しかも、シトシトとね。 まさに梅雨だね。六月はこれでなくっちゃ。 ところで、梅雨とくればこの花だね。 今年の「アジサイ」の一番花さ。 「ヤマアジサイ」さんだ。 「ヤマアジサイ」さんたちも色々いるけど、 この「ヤマアジサイ」さんの、 雨…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アーカイブ  『 「トキワツユクサ」 』

  昨日気象庁が、当地近畿地方も梅雨入りしたとみられると発表しました。平年より3日早く、昨年より8日遅いそうです。梅雨に似合う花が今年も庭に咲いています。  アーカイブ  5年前の今日(2009年6月5日)の記事から・・・・ 今日は「植物観察会」といきましょうか! 「ムラサキツユクサ」(前記事に出ていました)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「ほたる袋」

この前の暑さが嘘だったみたいだよ。 今日は楽だね。 これで平年並みだって。 もうじき雨が降って来そう。 いよいよ梅雨だね。 近畿地方も今日から梅雨入りだそうだ。 庭に、「ほたる袋」 が咲きだしたよ。 変わった名前だ! と云っちゃなんだけど、 面白い名前だね。 桔梗科の花だけど、 学名を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「どくだみ軍団」

6月の二日目、 今日も暑かったね。 昨日より少しましだったかな? 昨日は6月と云うのに猛暑日だったもんね。 京都市内では36℃だったよ。 ここら辺も、35℃超えてたよ。 それにしても、そんな最中、庭の「どくだみ軍団」は元気に頑張ってたよ。 この軍団、嫌う人もいるけどなかなかのものなんだ。 「どくだみ(“毒溜”とも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「昼咲き月見草」

今日から6月だね。 時が過ぎゆくのも早いものだね。 外は今、とても暑いよ。 34℃だって! もう真夏と一緒だよ。 でも、この子たち元気だよ。 気持ちよさそうに、庭いっぱいに楽しそうにおしゃべりしている。 アカバナ科のマツヨイグサの仲間だろ? だったら、もう少し夕げになっておしゃべりした方が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今朝の庭から、 『矢の根梵天花』と・・・

9月に入り幾分か秋の気配が感じられるようになったとは云え、 今日も相変わらずの暑い日でした。 そんな夏と秋の橋渡しの時期に、爽やかに気持ち和らげて、 その暑さを忘れさせてくれる花が咲いています。 「矢の根梵天花(ヤノネボンテンカ)」と「木槿(ムクゲ)」の花です。 どちらもよく似た花ですね。 そ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「百日紅」

花が咲いて 雨が降って 花が散って 「さるすべり」 夏のアスファルトは さぞや熱かろう でも 地面に散らばった君たちの 鮮やかな紅の色は 終わりではなかったぞ 濡れたやわらかなフリルの花びら 心にさわやかな風を呼んでくれたよ 「さるすべり」 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「八重の桜」、ならぬ「八重の桔梗」

夜半からの雨が降り続いて、 このところの猛暑続きが嘘だったかのように、 今朝は爽やかでした。 そんな朝の庭で、いつものように桔梗の花。 爽やかな空気に爽やかなブルー。 ごく当たり前のいつもの朝の庭の景色でした。 でも、少しだけ変! 一輪だけ頭を下げて重たそう。 近づいて見ると、ひと重、ふた重と・・・、 なんと、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アーカイブ 『六月の終わりの「庭石菖(ニワゼキショウ)』 

六月の終わりの「庭石菖(ニワゼキショウ)」。  もう・・・    もう、お役目は終わったよね。  最後のご挨拶だね。  いつも小さな可愛い花を咲かせてくれて、  ありがとう。  今年の5月、6月は、とても暑い日もあつたよね。  暑さが苦手な僕には、とても憂鬱だった。  そんな時、家の前の原っぱに、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アーカイブ  『弾ける「桔梗」』

2008年6月の記事から・・・・ 梅雨の晴れ間に、「桔梗」の花が咲きました。 「桔梗」が花開く時を見たことはおありでしょうか? まず、一枚目がこうして・・・。 ひとひら、ひとひらと、ゆっくりと。 三枚まで開きました。 四枚目と五枚目が開くのを待ってる間に、 ちょつと目を放…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

アーカイブ 『 ・・・・咲くときポンと云いそうな 』

2007年6月の記事から・・・ 「桔梗の花 咲くときポンと 云ひそうな」 (加賀千代女)  加賀千代女の観察眼ってさすがです。  開花の瞬間を見たことはありませんが、一度でいいから見たくなりました。  「ポン」と云うのでしょうか? 云いそうですね    「桔梗(キキョウ)」の花が咲き始めました。  紙風…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アーカイブ 『「昼咲き月見草」、思いが膨らんで・・・』

6年前の今日(2007年6月3日)の記事から・・・、 「昼咲き月見草」の季節です。アカバナ科の待宵草(マツヨイグサ)の仲間。  庭にいっぱい咲いています。  「待宵草」と書くように多くのこの仲間たちは、日暮れ時から黄色の可憐な花を咲かせ、  翌朝萎む夜開性の植物なのですが、  同じ仲間の花であっても、その名の通り「…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

アーカイブ 『小さな可愛い越境者』

4年前の今日(2009年6月1日)の記事から・・・。 わが家の周りには、梅畑、柿畑、茶畑が、そして里山が広がっている。 自然がいっぱいの環境である。 毎年、夏の初めになると、 家の庭に、自然いっぱいの中から “小さな可愛い越境者” が侵入してくる。 管理者としては侵入されたとしてもどうってこともないので、不法侵入をその…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今年もやっぱり“桜”は優しい!

このところ、暖かな春の日が続いています。 今日も気温が20℃を超えました。5月初旬の暖かさです。 庭に、「さくら」の花が咲きました。 しかし、今年は少し遠慮がちに咲いたように思えます。 気のせいででしょうか? 仙台や福島にも、「さくら」が開花したそうですね。 桜前線は今、東北地方を北上中なのですね。 被災した人…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「紫花菜」

あのいまわしい震災の日からひと月が経ちました。 今朝の庭には何事もなかったかのように、すみれ色の花が咲いています。 「紫花菜(むらさきはなな)」です。 「花大根」とも云います。 大根の花によく似ているからそう呼ぶそうですが、大根の花は白色。 すみれ色したこの紫の花は、春の光の中で何を思って咲いている…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

梅の花ほころぶ

いよいよ春なんですね。 梅の花がほころび始めました。 2月も半ばを過ぎて、 日一日と陽がやさしくなって、 嬉しい春が今年もやってきました。 拙宅の周りは梅林。 満開は来月の初め頃でしょうか? 「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」 これはご存知、芭蕉の高…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

春の色・・・、「蝋梅」

如月 それは寒さの真っ只中 その寒さの中でじっと耳を澄ませば 少しずつ 少しずつ 春の足音が聞こえて来る ここは梅の郷 しかし 蕾は まだ堅い 久しぶりに晴れた冬の空は青い 青の空を見上げると  パステルイエローの花が もう それは春の色・・・ ご近所の庭に「蝋梅(素芯蝋梅)…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「祝ブログ開設4周年!」と云う名のメール

今朝、ウェブリブログ事務局のまーささんから、 タイトルの「祝ブログ開設4周年!」と云う件名でメールが届きました。 「えっ? もう4周年?」 時の経つのは早いものですね。 遊び半分暇つぶしに始めたブログも、結構長続きしたものです。(笑) “プロバイダーBIGLOBE” も洒落た計らいをしてくれるものですね。 まーささん…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

「寒あやめ」

今年、新年の庭の一番花は、「寒あやめ」でした。 しかも、三年ぶりにふた月も早い開花です。 おそらく二、三日前から咲いていたのでしょう。 気づかずにいて今朝発見。 こんな寒空の下、嬉しくなって思わず “にっこり” です。(分かるでしょ、その気持(笑)) 「あやめ」は、晩春から初夏にかけて咲く花ですが、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

2011年 「花の年賀状」

明けましておめでとうございます。 みなさまお健やかに2011年の新しい年をお迎えのことと存じます。 今年もまたみなさまにとって、素晴らしい一年であることを願っております。 昨年は沢山の方たちに、お訪ね頂き誠に有難うございました。 我が家の庭の四季折々に咲く花たちと一緒に新年のご挨拶を申し上げます。 庭の花たちに…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

アーカイブから・・、 「意外と・・・、クリスマス・カラー」

「チロリアンランプ」の花がまだ元気だ。 黄色いフレアのスカートの上に、 赤いマンを羽織っている。 寒いんだよ! きっと。 緑の葉っぱに赤いマント。 意外と・・・、クリスマス・カラー。 今日は、クリスマス・イヴ。 (アーカイブ: 2007年12月24日の記事から) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「雁草」 

なんともユニークでユーモラスな花姿です。 手先の器用な職人技の針金細工としか見えません。 何時の頃から庭に来て、咲くようになったのかはよく覚えていませんが、 毎年、夏から秋にかけて、紫色の清楚な花を咲かせます。 花の姿が「雁」の姿を彷彿とさせることから、 「雁草(カリガネソウ)」と名がつけられたと云…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

「萩の花」

草冠に秋と書いて「萩」。 もう云うことはないでしょう。秋の花の代表格ですね。 今年の秋は、例年になく萩の花がいっぱい綺麗に咲きました。 夏の記録的な猛暑のお陰で、花芽のつく頃に発生するアブラムシが顔を出さなかったからです。 猛暑さまさまでした。(笑) そんな庭の「萩」の花を愛でながら、とても嬉しくな…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

「思い草」

秋風が、さわさわと通り過ぎ、 細く高い草の枝の先につけた淡い紫色の花が揺れて、 庭は今、爽やかに華やいでいる。 野菊に似た花は、花芯の黄色を、淡紫色の舌状花が優しく包み込み、素朴だがこの上なく上品で、 云いようのない美しさだ。 草丈は2メートルを超えるものもある。それでいて風にも強く健気なのである。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

「吾亦紅」

やっと秋らしくなって、 庭で「吾亦紅」が、風に揺れている。 一昨日の日曜日、久しぶりにテレビで“NHKのど自慢”を見た。 最後の人が、“すぎもとまさと”の「吾亦紅」を歌った。チャンピオンにはなれなかったけれど鐘を三つ鳴らした。 五月に亡くなった奥さんの母親へ捧げた歌だった。 農業を営む団塊世代の男性、多忙にかまけて無沙…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

「まだ咲いてるの?」  爺じとおしゃべりしよ 1

「まだ咲いてるの? ずいぶんと長いんだねぇ」 「そうなんだ、今年は夏が暑くて気持好かったからね」 「もうしばらくかい? いつまで咲いてるの?」 「わかりゃあしませんよ(笑)」 「それでも、昼間はみんな口結んじゃつてるじゃないか、どうしたの?  これじゃあ、おしゃべりも出来はしないよ」 「うん、爺じたち…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

「彼岸花」 その後

「いつになったら咲くのだろう?」 気をもませた庭の「彼岸花」、 今日29日、やっと満開になりました。 赤花も白花もです。 「彼岸花」のこと、「曼珠紗華」とも云いますね。 天上界に咲くめでたい花だと云います。 まさに、天上から降ってきた“華” きっと好いことがあるぞ! 果報はゆっくりくるのが好い。(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラジリアン・スパイダーフラワー」

「ブラジリアン・スパイダーフラワー」ってご存知ですか? 直訳すれば、「ブラジルの蜘蛛花」と云うことにでもなりましょうか? 変わった名前があるものですね。 和名、「紫紺野牡丹」のことです。 五弁の花は名前の通り紺がかった紫色。ブラジルが原産地のノボタン科の花。 玄関の門扉の前にあった鉢植えのブルーの「…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

「彼岸花」 異変!

庭の樹齢100年に近い柿の老木の根っこのあたりは、 きっと居心地がいいのかもしれませんね。 我が家の庭でも毎年不思議なくらい、秋の“お彼岸”に合わせたように「彼岸花」が咲き出します。 柿木の根っこが、このところその指定席なのです。 ところが、今年は全国的にもそうですが、 我が家の「彼岸花」にも異変が起きました。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

「サマー・ウェーブ」 、 もう一つのトレニア

暑さがやっと和らいできたようです。 空も秋の雲になりました。 玄関の門扉の脇に、爽やかな青紫色の小さな花が咲いています。 「今年の夏は、ごっつう暑かったなあ」 「何でやったんやろなあ、熱中症になりそうやった。ほんまに暑かったわ!」 とでも云いたげです。 “カミさん”が気に入ったからと、花屋の店先で…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more