テーマ:自然(季節の移ろい)

「観天望気 明日は晴れるよね。」

我が家から望む、西の山に沈む夕日です。 最高とまではいかないけれど綺麗な今日の夕焼けでした。 田舎育ちの私は、小さい頃から、自然と接することが好きで、空の雲などよく眺めていました。 その頃、母からよく聞いた「観天望気」の、 「秋の夕焼け、鎌砥げ、鎌砥げ」を、 今もよく覚えています。 ”秋の夕焼け…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アーカイブ・・・  梅雨明け頃の白い花 「カサンブランカ」

我が家の庭では、 毎年梅雨が明ける頃に、決まって大輪の白い花が咲きます。 それは、「カサブランカ」の花。 近畿地方の今年の梅雨明けは21日頃と云います。 しかし、梅雨明けなぞ待ってられないのでしょうか、今年も大輪を咲かせてくれました。 その存在感たるや、大したものです。 目立って目だって、しょうがありません(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「半夏生」

昨日は暦で云う 「半夏生」 だったね。 夏至から数えて11日目頃。今年は昨日の7月2日だった。 この「半夏生」と云う名前の由来は知ってるかい? 「聞いたことあるけど、あまり詳しくは知らない」って? じゃあ、それはねぇ。 実は、「カラスビシャク(漢名:半夏)」という薬草があるんだ。 下の写真がそう。     …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「ルドベキア」

時が経つのも、早いものだね。 もう七月さ。一年の半分が過ぎちゃった。 今日は梅雨の晴れ間とでも云おうか、好い天気だよ。 梅雨の晴れ間に似合いそうな花が咲いてるね。 そう、「ルドベキア」 の花がいっぱい咲いている。 じゃあ、これから “けふの庭の「ルドベキア」” の鑑賞会としようか。 これが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アーカイブ・・・ 再び 『「翼果」って、どんなん?』

このところ、梅雨らしい日が続いています。 草や木も嬉しそうです。 今年も自然が織りなす見事な造形、見事なメカニズム、植物コンピューター恐るべしです。 庭の「いろはもみじ」のパフォーマンスが始まりました。 日記帳を読み返すように、ブログを読み返すのも面白いものです。 閑人の暇つぶしが、今日もありました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「咲くときポンと 云ひそうな」

「桔梗の花 咲くときポンと 云ひそうな」 まさに、その通りだな。 桔梗の花のつぼみが膨らんできたぞ。 加賀千代女さんは、大したもんだね。 凄い観察眼と感性の持ち主だよ。 でも、庵主も最初はそう思ったよ。 みんなも、このつぼみを見るとそう思うよねぇ。 英名が「バルーン・フラワー」って云うから西…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「青谷の青梅」

ほ~ら、こんなに大きくなったぞ。 健康優良児そのものだね。 いい梅の実だ。、 今年もいっぱい実ったぞ。   庵主が住む、あばら家の周りには、今こんな青梅が実った梅林がず~っと広がっている。 「城州白(ジョウシュウハク)」と云う品種の梅で、 ここ“青谷(あおたに)”にしか採れない固有の品種。 果…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「ヤマアジサイ」

今日は好く雨が降ってくれたね。 一日中だったもんね。 しかも、シトシトとね。 まさに梅雨だね。六月はこれでなくっちゃ。 ところで、梅雨とくればこの花だね。 今年の「アジサイ」の一番花さ。 「ヤマアジサイ」さんだ。 「ヤマアジサイ」さんたちも色々いるけど、 この「ヤマアジサイ」さんの、 雨…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「ほたる袋」

この前の暑さが嘘だったみたいだよ。 今日は楽だね。 これで平年並みだって。 もうじき雨が降って来そう。 いよいよ梅雨だね。 近畿地方も今日から梅雨入りだそうだ。 庭に、「ほたる袋」 が咲きだしたよ。 変わった名前だ! と云っちゃなんだけど、 面白い名前だね。 桔梗科の花だけど、 学名を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「どくだみ軍団」

6月の二日目、 今日も暑かったね。 昨日より少しましだったかな? 昨日は6月と云うのに猛暑日だったもんね。 京都市内では36℃だったよ。 ここら辺も、35℃超えてたよ。 それにしても、そんな最中、庭の「どくだみ軍団」は元気に頑張ってたよ。 この軍団、嫌う人もいるけどなかなかのものなんだ。 「どくだみ(“毒溜”とも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

けふの庭から・・・ 「昼咲き月見草」

今日から6月だね。 時が過ぎゆくのも早いものだね。 外は今、とても暑いよ。 34℃だって! もう真夏と一緒だよ。 でも、この子たち元気だよ。 気持ちよさそうに、庭いっぱいに楽しそうにおしゃべりしている。 アカバナ科のマツヨイグサの仲間だろ? だったら、もう少し夕げになっておしゃべりした方が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう一つの秋をみつけた。

もう一つの秋をみつけました。 裏の庭の栗の木に秋がやってきたのです。 今朝の収穫。 いが栗。 昨日は、またまた夏に逆戻り。 ご当地、サーモメーターの針は32.0℃を指していました。 でも、今日は間違いなく秋です。 爽やかです。最高気温も24.0℃。 温度差の大きな変化に一喜…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

リンゴは順調に育っています。

このところ、気候もなんとか安定して気温の寒暖の差がはっきりとしてきました。 その分リンゴの生育も落ち着いてきています。 この夏の猛暑にも耐え、先の台風18号の風雨にも負けず、 (と云いたいところでしたが、風で少し落ちました。あとは・・・) 庵主の大事な「りんごちゃん」、まあ順調に育っています。(笑) 早生種の「つがる」の収…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アーカイブ 『可愛い不法侵入者』   2010年の記事から

「39.9℃」 何とまぁ! 昨日、私の住んでる地域は今夏一番の高温で日本一だったそうです。 しかも、9月としては全国の観測史上最高を記録したと云います。 TVが新聞が、全国ネットで報道していました。 「いいも悪いも、何はともあれ、“日本一”とは目出度いことだ」と云っていたら、 隣にいた“山の神さん”に叱られてしまいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーカイブ 『六月の終わりの「庭石菖(ニワゼキショウ)』 

六月の終わりの「庭石菖(ニワゼキショウ)」。  もう・・・    もう、お役目は終わったよね。  最後のご挨拶だね。  いつも小さな可愛い花を咲かせてくれて、  ありがとう。  今年の5月、6月は、とても暑い日もあつたよね。  暑さが苦手な僕には、とても憂鬱だった。  そんな時、家の前の原っぱに、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アーカイブ  『弾ける「桔梗」』

2008年6月の記事から・・・・ 梅雨の晴れ間に、「桔梗」の花が咲きました。 「桔梗」が花開く時を見たことはおありでしょうか? まず、一枚目がこうして・・・。 ひとひら、ひとひらと、ゆっくりと。 三枚まで開きました。 四枚目と五枚目が開くのを待ってる間に、 ちょつと目を放…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

アーカイブ 『 ・・・・咲くときポンと云いそうな 』

2007年6月の記事から・・・ 「桔梗の花 咲くときポンと 云ひそうな」 (加賀千代女)  加賀千代女の観察眼ってさすがです。  開花の瞬間を見たことはありませんが、一度でいいから見たくなりました。  「ポン」と云うのでしょうか? 云いそうですね    「桔梗(キキョウ)」の花が咲き始めました。  紙風…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アーカイブ 『小さな可愛い越境者』

4年前の今日(2009年6月1日)の記事から・・・。 わが家の周りには、梅畑、柿畑、茶畑が、そして里山が広がっている。 自然がいっぱいの環境である。 毎年、夏の初めになると、 家の庭に、自然いっぱいの中から “小さな可愛い越境者” が侵入してくる。 管理者としては侵入されたとしてもどうってこともないので、不法侵入をその…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

リンゴの摘果作業

滋賀の甲賀と云うところで、リンゴを栽培しています。 青森・弘前出身の知人のリンゴ畑の一角です。 5月の初めに白い可憐な花を咲かせて、 今年も梅の実大の小さな実を沢山実らせています。 このままの状態では大きな立派な美味しいリンゴはできません。 そこで、結実30日後あたりをめどに、実を間引く作業が必要となる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四月の「大山南壁」

4月20日(水) 春と秋に行われる恒例の賑やか過ぎる(?)旅。 “かしまし軍団”の御伴をして、またまた、奥大山に来てしまいました。 まずは、「とっとり花回廊」へ。 園内の“花の丘”では、パンジーが満開。 西側から望む「伯耆富士(大山)」の雄姿。 雪を被る「伯耆富士(ほうきふじ)」をバックに・・・、と云いたいところ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

今年もやっぱり“桜”は優しい!

このところ、暖かな春の日が続いています。 今日も気温が20℃を超えました。5月初旬の暖かさです。 庭に、「さくら」の花が咲きました。 しかし、今年は少し遠慮がちに咲いたように思えます。 気のせいででしょうか? 仙台や福島にも、「さくら」が開花したそうですね。 桜前線は今、東北地方を北上中なのですね。 被災した人…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「紫花菜」

あのいまわしい震災の日からひと月が経ちました。 今朝の庭には何事もなかったかのように、すみれ色の花が咲いています。 「紫花菜(むらさきはなな)」です。 「花大根」とも云います。 大根の花によく似ているからそう呼ぶそうですが、大根の花は白色。 すみれ色したこの紫の花は、春の光の中で何を思って咲いている…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

しんしんと雪の中、「二月堂竹送り」

ご存知、奈良東大寺の二月堂で毎年3月1日から14日間行われる修二会「お水取り」の行法は、 大和に春を告げる行事として知られています。 既にこの20日から“前行”が始まっていて、3月からの“本行”に備えます。 その“前行”の準備の一つに、「糊こぼし」作りがあります。 「糊こぼし」は、良弁僧正ゆかりの開山堂の庭に咲く、赤い花びら…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

梅の花ほころぶ

いよいよ春なんですね。 梅の花がほころび始めました。 2月も半ばを過ぎて、 日一日と陽がやさしくなって、 嬉しい春が今年もやってきました。 拙宅の周りは梅林。 満開は来月の初め頃でしょうか? 「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」 これはご存知、芭蕉の高…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アーカイブ・・・、二月の「キンカン」

「♪ キンカン塗って また塗って     元気に陽気に キンカンコン     ミカン キンカン 酒の燗     嫁ご持たせにゃ 働かん  」    この歌、覚えてますか? これは、某製薬会社の超ロングセラー、虫さされ・肩こりの薬 「キンカン」のCMソング。 聞き覚え、口ずさんだことのある人は、団塊世代…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

アーカイブ、「冬の烏瓜」

くたびれたように、 橙色の実が一つ、冬の寒空の中で、 ぶら下がっていた。 忘れかけた「烏瓜」。 あの、夏の夜の、 妖艶怪奇な美しい花姿から、 誰が想像できるだろうか? 秋には、赤や、黄色や、橙、緑色の実を、 縁側に吊るして、 飾っていたよ。  ありがとう。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「青谷梅林」 咲き始め

今日から三月、いよいよ春ですね。 今朝の新聞、「梅だより」欄(近畿地区)に、 「京都・青谷  咲き始め」 とありました。 そうなんです。京都南部の「青谷」の梅林に、 梅の花が咲き出しました。 「青谷梅林」は、京都から奈良へ至る旧奈良街道の丁度中間辺り、宇治のすぐ南。 山城盆地の東の丘陵地帯に広がる…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

わぁ~、雪だ!

今日は、2月3日「節分の日」 朝、起きてみると、「わぁ~、雪だ!」 一年ぶりの積雪です。 嬉しくなって写真に収めました。 北の国では、どうってことはないものをねぇ。          裏の梅畑は真っ白          庭でも           やっと、開きかけの椿のつぼみにも、雪…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

「冬の烏瓜」

くたびれたように、 橙色の実が一つ、冬の寒空の中で、 ぶら下がっていた。 忘れかけた「烏瓜」。 あの、夏の夜の、 妖艶怪奇な美しい花姿から、 誰が想像できるだろうか? 秋には、赤や、黄色や、橙、緑色の実を、 縁側に吊るして、 飾っていたよ。ありがとう。 「烏瓜(…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more