アーカイブ・・・ 『思い草』

秋風が、さわさわと通り過ぎ、
細く高い草の枝の先につけた淡い紫色の花が揺れて、
庭は今、爽やかに華やいでいる。



画像



野菊に似た花は、花芯の黄色を、淡紫色の舌状花が優しく包み込み、
素朴だがこの上なく上品で、云いようのない美しさだ。
草丈は2メートルを超えるものもある。
それでいて風にも強く健気なのである。



日本には長い歴史の中で、生まれ育まれて来た伝統の色がある。
その日本の伝統色(465色)の中に「紫苑色」と云う紫系の色がある。
まさに“この色”、この花の名前から名づけられた色なのだ。

そう、その花の名前は、「紫苑(シオン)」。



画像



「紫苑」の花には、「思い草」 と云う別の名がある。

それは、
あの「今ハ昔・・・(今となっては、昔のことだが・・・)」と云う書き出しで始まる、
千年もの昔に編纂された説話集、「今昔物語集」の中に出てくる。


それの巻三十一、第二十七にある。父を亡くした兄弟の説話。

兄弟二人、萱草(くわんざう)ト紫苑(しをに)トヲ殖タル語(こと)
『今ハ昔、□□ ノ国□□ ノ郡ニ住ム人有ケリ。男子(なんし)二人有ケルガ、其ノ父失(うせ)
ニケレバ、其ノ二人ノ子共戀(こ)ヒ悲ブ事、年ヲ経レドモ忘ル事无カリケリ。・・・(中略)
而ル間、漸ク年月積(つもり)テ、此ノ子共公ケニ仕ヘ私ヲ顧ルニ難堪(たへがた)キ事共有ケレバ、兄ガ思ケル樣、「我レ只ニテハ思ヒ可□□ キ樣无シ。萱草ト云フ草コソ、其レヲ見ル人思ヲバ忘ルナレ。然レバ彼ノ萱草ヲ墓ノ邊(ほとり)ニ殖テ見ム」ト思テ、殖テケリ。・・・(中略)、
「我等二人シテ祖ヲ戀ツルニ懸リテコソ、日ヲ暗シ夜ヲ明シツレ。兄ハ既ニ思ヒ忘レヌレドモ、我ハ更ニ祖ヲ戀ル心不忘(わすれ)ジ」ト思テ、「紫苑ト云フ草コソ、其ヲ見ル人心ニ思ユル事ハ不忘ザナレ」トテ、紫苑ヲ墓ノ邊ニ殖テ、常ニ行ツヽ見ケレバ、弥(いよい)ヨ忘ルヽ事无カリケリ。』  (*文中の□□部は欠字)



亡父の墓に、兄は悲しみを忘れるために「忘れ草(萱草:カンゾウ)」を、
弟はいつまでも忘れないための「思い草」を植える二人の兄弟の話だ。
この「思い草」が「紫苑」だった。

その花の花言葉は、今昔物語の説話通りの 「追想」。
今年の彼岸の墓参りには、この花を手向けた。


山形の鶴岡地方では、この「紫苑」のことを「彼岸花」とも呼ぶそうである。
何故そう呼ぶなのか分かるような気がする。
鶴岡の人たちが代々、「今昔物語集」のことを知ってか知らずか、とても興味深い話である。



画像



「今トナッテハ、昔ノコトダガ・・・」、
平安の昔、大宮人たちは、この色を好んだと云う。
きっと、粋で色彩的センスに溢れた人たちが多かったのであろう。

庭の「紫苑」の花を見ながら、思いがいろいろと膨らんでとまらない。




<2014年10月8日の余計なお話>
今日は暦でいう「寒露」ですね。
「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」(暦便覧)です。
露が冷気によって凍りそうになるころだそうです。
季節的には露は、結び始めのころは涼しく感じられますが、この季節になると寒々として冷たく感じられます。本格的な秋が始まる頃ですね。

今年も菊の仲間の花たちが咲き始めました。
山の木々の葉は紅葉の準備に入り、稲刈りもそろそろ終わりです。
雁などの冬鳥が渡ってきて、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き止むころです。

画像


そして、今日10月8日(水曜日)は、月が地球の影に全て入りこむ「皆既月食」です。
2011年12月10日以来3年ぶりなのだそうですよ。
今夜の天気は、日本全国が晴れのようですね。
満月が突然欠け始め、赤銅色に染まった月が現れ、再び満ちていく姿を見ることができます。
部分食が始まるのは18時14分頃、皆既食の始まりは(19時24分頃)、
皆既食のピークは(19時54分頃)、だそうです。
どちら様もお見逃しなきように(笑)。

「寒露」の頃が一番夜空がきれいに見えるそうですね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年10月08日 20:41
こんばんは。
今まさに月食の最中ですね。天体ショー、楽しんでおられますか?

紫苑のお話、興味深く読ませていただきました。今昔物語のなかに、そのようなお話があったのですね。
2014年10月08日 23:07
黎明さん、こんばんは。
コメント有難うございます。
天体ショー終わりましたね。当地では今朝は最高の快晴で今夜はいけるぞと期待しましたが、夕方から雲が流れ始めて、月が欠け始める頃からお月様は雲のお布団を被ったりやめたりで、何故かご機嫌ななめでした。楽しむことは出来ましたが満足は出来ませんでした。残念!ところがコメントをしたためている現時点では満月に戻ったお月様は最高です。
どんな花にも、それぞれの物語があって興味深いものですね。「紫苑」の花もそんなに目立つ花ではありませんが、それがまたいいですね。色も形も大変気に入っています。
また、お越しください。
黎明
2014年10月09日 06:01
そうだったのですか、丁度月食の間に雲が。。。自然のいたずらでは、いかんともし難いですね。
残念でした。
こちらでは月食はありませんでしたが、どちらにしても一日中雨で、夜の今も窓の外から雨音が。
こちらは、なにか天体ショーが見られるという夜に、晴れたことがないのですよ。意地悪されてるのかな?と思うくらい。笑
2014年10月09日 07:47
黎明さん、お早うございます。(日本時間です(笑))
コメント度々有難うございます。そうだったのですよ(笑)。今回の月食はヨーロッパとアフリカでは見ることが出来なかったようですね。次回の月食は来年の4月4日、でも、皆既食の継続時間は今回の4分の一で12分ほどだそうですが、どうなるか分かりませんが期待しています(笑)。次はそちらでも見られるのかな?
2014年10月09日 10:36
紫苑
興味深い話を聞かせて頂き
紫苑が愛しいくなりました
運転中に皆既食をみましたが
欠けるのが案外早いのですね
家に着いた時は雲に隠れてしまいました
2014年10月09日 13:31
こんにちは!
シオン大好きです!あの色合いと風に揺れる様子が素敵です♪
いいお話もありがとうございます(*^。^*)
庵主
2014年10月09日 21:08
ジュンさん、こんばんは。
コメントいつも有難うございます。
「今昔物語」のこの話は、とてもいいお話ですね。私もこの話を知ってから、一層「紫苑」の花が好きになりました。
昨日の天体ショ-は、当地でも後半雲に隠れて残念でした。今回は赤銅色の月をながく見られるチャンスだったのですがね。また、お越しください。
庵主
2014年10月09日 21:16
gumiさん、こんばんは。
コメント有難うございます。「紫苑」さん、背高のっぽさんでちょつとひ弱そうですが、風に吹かれるのを楽しんでいるように見えますね。色も形も大したものです。私も大好きですよ。毎年この時期になると庭で楽しませてくれます。
また、お越しくださいませ。
2014年10月15日 00:08
深夜便です~。
紫苑、別名は「思い草」ですか。
そして、今昔物語の中に出てくるのですね。
父を思う兄弟、素敵なお話ですね。

庵主さんの記事、今夜も勉強になりました。
台風一過、今日は爽やかな1日でしたね。
2014年10月27日 07:52
ハーモニーさん、お早うございます。
深夜便の確認に気づかなかったです。10日振りのご返事になってしまいました。どうもすみません。
「思い草」と云う別名が好いですね。いろいろ記事には書き込んでおりますが、知ったかぶりして書いているのではありません。自分の花に対する忘備メモとしてまとめているだけのことです。私も一緒に勉強になっています(笑)。