「彼岸花」 異変!

庭の樹齢100年に近い柿の老木の根っこのあたりは、
きっと居心地がいいのかもしれませんね。

我が家の庭でも毎年不思議なくらい、秋の“お彼岸”に合わせたように「彼岸花」が咲き出します。
柿木の根っこが、このところその指定席なのです。

ところが、今年は全国的にもそうですが、
我が家の「彼岸花」にも異変が起きました。



画像



「ちょつと、彼岸花さん、今年はどうしたの? もうお彼岸だよ」
「 ・・・・ 」  返事がない!

それもそのはず、彼岸の中日の今日(久しぶりの雨模様)になっても開花しないのです。
花茎は伸びたものの、やっと蕾がほころび始めたくらいです。
去年の今日は、もうこんなに咲き誇っていたのに。



画像



さて、さて、今日は折角、お越しいただいたお客さま方には、
このような状態で、お引取り頂くわけにはまいりますまい。

せめて、拙い当ブログのアーカイブから、庭で「彼岸花」の咲くさまを、
2009年9月の「彼岸と彼岸花」と、
2008年9月の「秋ですね」あたりからでもご覧頂き、お許し願いましょうか。



今年は夏の暑さが長引いて、
日平均気温が20℃~25℃と云われる「彼岸花」の開花環境には整わなかったのですね。

TVでは全国各地の“彼岸花の名所”から、
「折角期待して来たのに・・・」 と嘆き節が聞こえてきます。(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年09月23日 12:49
閉じようとしたら、赤い印が見えました。
一番乗り!
ヒガンバナ大好きです。
そちらはまだこんなですか?
南関東の我が家のは昨日から開き出しました。
トキイロのリコリスはその二日前から開き始めました。
手入れしないのに強いですね。
成長が早いから、すぐ満開になるでしょう。
嫌がる方もいるけど私大好きです。
じっと見てると、御手の技(?)と引き込まれます。
2010年09月23日 13:03
こんにちは!今朝から気温が下がってヒガンバナの開花条件が揃って来ました。もう3~4日で開花でしょう。全国的にもほぼ同じの開花ってのも面白いですね。こちらも山の高い所は咲いていますが低い所は数日遅れです。
2010年09月23日 13:13
今年の暑さはいろいろな所に影響を及ぼしていますね。
ヒガンバナが咲かないとあちらこちらで聞きますが、庵主さんのお庭でもそうだったのですね。
今日は一転、寒いぐらいの雨が降っています。
秋の花もいよいよ目覚めるでしょうか。
これからが楽しみですね。
雨がやんだら、皇居のお濠のヒガンバナを見てくることにしましょう。
たかようじ
2010年09月23日 14:36
お彼岸に 花が咲かないのは 暑さのせいではなく、
ひょっとしたら、”彼岸花の逆襲” かもしれません。 
長~い間、「死人花」「火事花」「幽霊花」として
忌み 嫌われて いたのですから。
昨今、 艶やか、華麗、妖艶、・・・と称えられ、
人気は ウナギ登り。これって本当?と 疑心暗鬼。
その気持ち よく解ります。
でも 全国津々浦々より これほど多くの 嘆き節、恨み節が
寄せられるとは 想いもしなかった事でしょう。
来年は 機嫌直して、お彼岸に 咲いて欲しいですね。(笑)
庵主
2010年09月23日 20:38
ハッピーさん、こんばんは。
一番乗り! 有難うございます。今年の夏が暑すぎたのですね。どちらの彼岸花も出てくるのが億劫だったに違いありません。(笑)
こちらはやっと蕾が脹らんだくらいですが、今日から急に気温が下がって寒いくらいです。これで一気に開花が始まるでしょうね。
とき色の彼岸花もあるのですか珍しいですね。彼岸花は有毒であるが故に「シビトバナ」など不吉な名前が多くて忌み嫌う人も多いですが、「曼珠紗華」ならめでたい意味で問題はないでしょう。(笑)
庵主
2010年09月23日 20:42
信徳さん、こんばんは。
コメント有難うございます。こちらも朝から雨模様、気温も一気に下がって肌寒いくらいです。これで「彼岸花」の開花も進むでしょう。
この花、桜と違って全国一斉に(?)咲き始めるなどと不思議な花ですね。異常気象には困ったものです。
庵主
2010年09月23日 20:49
うふふさん、こんばんは。
コメント有難うございます。こちらも今日は一日雨模様でした。一気に気温も下がってびっくりしています。
“いつでもいいよ”ってスタンバイしていた「彼岸花」も、これで一安心、一気に咲いてくれるでしょう。
清々しい優しい日本の秋が早く来て欲しいものです。花たちもきっとそう思っているに違いありません。
bigot爺
2010年09月23日 20:55
猛暑が原因でしょうか?!
今日、明日の冷え込みで一気に
咲き始めることでしょう、、、!?

小庭の菜園の南瓜が活発に生育
始めました。

庵主
2010年09月23日 20:58
たかようじさん、こんばんは。
コメント有難うございます。“彼岸花の逆襲”ですか?そりゃあ大変です。
彼岸花には全国各地の地方名を合わせると1000種以上の名前があるそうですが、そのほとんどか不吉な名前を付けられたんですね。今更そんな仕返しなどとは了見が狭すぎますよ。
来年と云わず今からでもまだ間に合いますからご機嫌直すように,たかようじさんからお願いしてくださいな。(笑)
庵主
2010年09月23日 21:51
bigot爺さん、こんばんは。
コメント有難うございます。暑かったですからねぇ!知人が、先の連休に稲渕の棚田へ彼岸花を見に行ったのだそうです。花はサッパリで、案山子祭りの案山子ばかりが目立ったと嘆いていました。甲賀のリンゴもそうでしたね。異常気象に今年は振り回されてばかりです。
南瓜の生育順調ですか。好かったですね。ハロウィンのジャツク・ランタンには間に合いそうですね。
2010年09月23日 22:24
今晩は。
さすが100年の老木随分木の周りが立派ですね!
彼岸花遅れていますね!!
明日香でも遠くからおいでくださった方が、少々がっかりされていました。
昨年はお彼岸にはすでに咲き終わっていたとか?
ままならない自然との共存!
庵主さんの庭の彼岸花・・これから楽しめます。
楽しみは先にあるほうが好いですよ・・・
庭の白の彼岸花。。今日、冷たい雨の中咲いてくれていました。
花は正直で敏感なんですね!
2010年09月24日 14:47
今日は寒いですね。急激な温度差は人間だけでなく草花や虫たちも驚かしてるのでしょうね。
彼岸花が暑すぎると咲かないのを初めて知りました・・・庵主さん宅の彼岸花今頃は咲き始めていることでしょう。白い彼岸花も楽しみですね!
2010年09月24日 15:06
こんにちは。
暑さ寒さも彼岸まで・・という伝えのとおりですね。
涼しすぎて風邪ひきそうです
彼岸花、そういえば、まだ今年は見ていません!
庵主さん家のも、まだ小さな蕾ですね。

今日、友人が「高砂芙蓉」をくれたので、挿し木しようと
思います。先日の記事で拝見して、その翌日お茶の先生宅
でも拝見して・・・
つい高砂芙蓉の襟足を覗いて見たマンデルでした
2010年09月24日 18:08
こんにちは~ 庵主さん
2,3日前は35℃でした。きょうはなんと20℃でございます(笑)
これって困りますぅ~(笑)
体調に気をつけて過ごしてまいりましょうね。
彼岸花 こちらでも遅れています。
09年 08年の記事読ませて頂きました。赤も白も咲いて見事でした。
そしてなるほどと少し賢くなったでしょうか?(笑)
お写真もとってもきれいでした。
これから咲いてくれるといいですね。
「お彼岸過ぎてごめんさな~い」なんてね。今年は暑すぎました。(笑)
庵主
2010年09月24日 21:50
やろいさん、こんばんは。
コメント有難うございます。この柿の木の下では四季おりおり春にはハナニラなど、その季節の花たちが賑やかに咲きだします。
昨日からぐっと気温も下がり始めましたからこれから一気に頑張ってくれるでしょう。今日は一番蕾が脹らみ始めました。白花はまだ蕾固しです。確かに楽しみは後に取っておくほうが好いかもしれませんね。(笑)
やろいさんの「稲渕の棚田の記事」拝見しましたよ。また来年にご期待ください。(笑)
庵主
2010年09月24日 21:56
mugenさん、こんばんは。
コメント有難うございます。昨日も今日も寒いと言った感じですね。気温が一気に10℃も下がりました。
彼岸花は気温が平均25℃以下ではないと咲かないようです。今日はもちろん20℃ですが、まだ開いておりません。じらしてくれています。(笑)
庵主
2010年09月24日 22:27
ミセスマンデルさん、こんばんは。
コメント有難うございます。まさに“暑さ寒さも彼岸まで”ですが、一気に来ましたからね。寒すぎですよ。(笑)しかし、彼岸花は間に合いませんでしたね。今年はゆっくりとゆきましょう。
タカサゴフヨウは挿し木が容易ですね。新芽が固まってからバームキュライトに挿すと簡単に発根します。
ところで、タカサゴフヨウの襟足は如何でしたか?(笑)
庵主
2010年09月24日 22:39
primroseさん、こんばんは。
コメント有難うございます。今年は気温の変動も大変ダイナミックです。(笑)こちらも昨日は10℃も一気に下がってびっくりでした。歳を重ねると中々ついて行けませんね。お互いに気をつけましょうね。(笑)
過去の記事までお付き合いさせましてどうもすみません。今年はお彼岸の中日はに間に合いませんで、綺麗な花姿を見て頂こうとつい無理を申しました。
今日現在でやっと一番蕾が開き始めました
ツーコ
2010年10月05日 23:18
こんばんは。彼岸花その後の白い花すてきですね。うちの近くのよその家の庭で黄色い彼岸花が咲いてるのを見たのですが、本当に彼岸花でしょうか。似てるけど違う花かな・・・いや、やはり彼岸花かな・・・ずっと気になっています。庵主様ご存知ありませんか。
庵主
2010年10月06日 15:10
ツーコさん、こんにちは。
ようこそ。コメント有難うございます。寸足らずのブログを見て頂いているようですね。おおきに。シロイロヒガンバナはなかなかよろしいでしょう!
お尋ねの「黄色い彼岸花」のことですが、「彼岸花」の近縁種で「鐘馗水仙(ショウキズイセン)」のことですね。彼岸花より少し大柄で、近畿あたりでは開花も少し遅く今頃から咲き始めます。彼岸花は実はつけませんが、鐘馗水仙は実を付けます、「白色彼岸花」は、この鐘馗水仙と彼岸花との交雑種だとの説もあるようです。正確に云えば彼岸花とは云えませんが、“黄色の「彼岸花」”と云っても可笑しくはないでしょう。お判りになりましたでしょうか?
また来てください。(笑)