冬の赤い実は

花枯れの冬の庭に、
赤い実が目立ちはじめた。



画像



「有り難や千両万両有り通し」と云って、
昔は家の庭にこの赤い実のなる木が植えられたそうだ。

赤い実のなる「千両」、「万両」、「蟻どおし(一両)」の三つの植物を語呂合わせして、
お金が何時も有るように縁起を担いだと云う。



画像



我が家の庭にも縁起を担いで植えてみた。
有り難や、毎年この季節になると赤い実がいっぱいに生る。

しかし、何故かお金は何時もない。(笑)
きっと、「蟻どおし」が植えてないからに違いない。



画像
                  (ご参考、京都府立植物園の「蟻どおし」 写真は「花*花」さんよりお借りした。
                   鋭い棘があって蟻でも刺し通すと云う意味から命名)



今年はぜひとも、「蟻どおし」を植えてみることにした。
来年の今頃は、我が家にもお金がいっぱいあるに違いない。



冬のこの赤い実は、
これから鳥たちの美味しいご飯にもなるはずだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2010年01月12日 08:21
10両1両があると聞いていましたが、1両の謂れを初めて知りました。
有り通しになるよう様、写真を見てお願いしました。
2010年01月12日 13:16
近くの園芸店で万両、千両、百両、一両と全部見ました。
こんなに見られて幸せでしたが、買ってきませんでしたよ。
これではお金が貯まりませんね(笑)
2010年01月12日 20:31
今晩は。
お花の少ない時期、赤い実はとても貴重です。
お正月のお花・・・千両があることで一段とお目出度い感じが出ます。
千両・・・良く実が付いていますね。
お手入れが良いのでしょうか・・・なかなか実が付くきにくかったです。
付いても鳥さんが直ぐに食べていました。
万両は良く育ちますね・・・鳥さんも食べないのです。(笑)
蟻どおし・・・滅多にお目にかかることはありません。
聞いてはいるのですが・・・アリさんの口元みたいですね。(笑)
bigot爺
2010年01月12日 23:20
我が家の小庭では、同じ赤い実でも
「南天」、「モチノキ」、「ウメモドキ」
の揃い踏みです。
しかし、何が貯まるのでしょうか?
きっと“借金”でしょうね~!
2010年01月13日 07:11
うちの庭に、一両を植えていないから、お金も貯まらないのですね。納得。。
宝くじ買う前に、一両を植える方が、いいかも~です。
大金持ちは、小銭も、必要ってことですね。
蟻どおしの名前の由来、なるほどです。一両の名前は、ブログで知りましたが、蟻どうしの名前は、知りませんでした。鋭い棘が、あって、万両、千両とは、違って鳥も寄り付かないのかな~
2010年01月13日 07:19
いまの時期 赤い実がとてもきれいで目につきますね。
千両たくさんで見事ですね。万両は色がとてもきれいです。
蟻どおしの鋭い棘 これで刺されたらそれは痛いことでしょうね。
ネーミングが何ともおもしろいです。
口をちょっと開いた実もかわいいです。
家にはどれもがありませんからお金には縁がありません。(笑) 
庵主
2010年01月14日 15:19
ハッピーさん、こんにちは。
冬の赤い実の中には一両、十両(藪柑子)、百両(唐橘)、千両から、万両まであるんですね。面白いですね。お金ばっかりです。
有り通すと好いですね。
庵主
2010年01月14日 15:23
うふふさん、こんにちは。
そこまで揃っていたのならせび買ってくれば好かったのに!
今頃はきっと大金持ちであったかも知れませんよ。(いやいや失礼しました。今まで以上にですね。)
庵主
2010年01月14日 15:39
やろいさん、こんにちは。
この他にも藪柑子、唐橘、ナンテンなど赤一色の冬の庭です。(笑)
千両はまだ小鳥たちの餌食にはなっておりません。時間の問題でしょうね。
万両は花が咲いてもまだ残っている時が有りますね。美味しくないのかな?
アリさんの口元は萼片の残りだそうです。
庵主
2010年01月14日 15:44
bigot爺さん、こんにちは。
お宅の庭も赤の揃い踏みですか!賑やかでしょう。
借金はお金のうちにはいるのですか!そりゃあ大変です。我が家は全てが枯れ果てて借金なんぞもありゃしません。それで良いのか悪いのか?ですね。

庵主
2010年01月14日 15:52
にこにこ通りさん、こんにちは。
年末ジャンボの前に一両を植えておけば好かったのに残念でしたね。
早目に植えて置いてくださいね。お零れ頂に参ります。(笑)
「蟻通し」とは馴染みの薄い名前ですものね。あのトゲを見ると小鳥も近づいちゃヤバイと思うでしょう。アカネ科の植物、クチナシなどがその仲間です。
庵主
2010年01月14日 16:01
primroseさん、こんにちは。
冬になって花の色が消えると赤い実が生るなんて自然界は見事な命のつながりです。千両などは毎年手入れもろくにしてませんが赤い実をいっぱいつけて庭を賑やかにしてくれています。有難いことですね。
お金などそんなに欲張ってもしょうがないですね。何事も程ほどが一番でしょう。(笑)
2010年01月14日 16:29
白い雪の間から紅い実が観えていると鮮やかですね。
お金はなくても健康で長生きがいいですねぇ ♪
庵主
2010年01月14日 18:39
ログの大好きな徳さん、こんばんは。
赤い実が白い雪を被るともう云うことなしですが、どんなに冷え込んでも京都はまだ雪が降ってくれません。

そうですよ!お金が無くても心身ともに健康が一番ですよ。
世の中にはお金があっても心が不健康な人いますもの。(笑)庵主もお金もありませんが、心も身体も健康ですよ。(笑)
大川村の大自然
2010年01月14日 23:24
こんばんは。

庵主さんとことも赤い実が目立ってきていますね。
鳥たちが集まって来ませんか!!
大川村では、餌の奪いやあいをしてるようです。
庵主
2010年01月15日 19:31
大川村の大自然さん、こんばんは。
そうですね。赤い実が目立ってきました。
鳥たちは時々来ていますが、まだまだ偵察(?)程度のようですよ。
他に美味しいものがまだ回りにあるのでしょうね。
時間の問題です。(笑)
2010年01月15日 23:41
そ、そうなんだ~「蟻どおし」が必要だったんですね
通りで庵主家にお金が無かったわけですね
縁起ものでも有るけれど、まんまるい紅い実は福を呼び寄せるようで
眺めているだけで優しい気分にしてくれますね
お金があって健康なら尚更いいけど。。
来年は庵主家からご利益を戴くよう今から手を合わせておきます
{
庵主
2010年01月16日 21:20
コケ魔女さん、こんばんは。
そ、そうなんですよ。「蟻どおし」がないからお金がないのですよ。
真ん丸い赤い実を眺めているだけで幸せなんです。お金があったらろくなことないですよ。
今年は「蟻どおし」を植えようと思いましたが、前言取り消し! 止めときます。(笑) ご利益期待しないほうがましですよ。