「カマツカ」の赤い実

もう、数年前の話になる。
八ヶ岳山麓の甲斐大泉にある友人のセカンドハウスへ遊びに云った折、
柳生博・慎吾氏親子の店「八ヶ岳倶楽部」で、「カマツカ」の苗を分けてもらった。

30㌢にも満たなかった小さな苗木が、
庭でもう3メートルを越そうとする大きな木に育っている。
毎年秋になると赤い実をつける。


画像



丁度居合わせた柳生さん(博氏)が説明をしてくださった。
種から育てた2000本の苗木の一本だそうである。
近年雑木林に「カマツカ」が少なくなったそうで、広く植えてもらえるよう育てているとのこと。



画像



「春に可愛い花が咲いて、秋には赤い実がなり、その実を採って「果実酒」が出来るんですよ。」
とおっしゃる。
「じゃあ、最初に実った実で “カマツカ酒” を造って、いいのが出来たらもってきますよ。」
「そうしてください。楽しみだなあ。」
そんなやりとりをしたことを覚えている。



画像



次の年の春に白い小さな花が咲き、秋に初めての実が赤く実った。
数えられるくらいの実の数だったが、小さな実を採って500mlの空瓶に詰め込み果実酒を造ってみた。



画像



庭に今年もカマツカの赤い実が生って、
ふと思い出して、幾種類かストックされた果実酒の瓶のうちから、
久しぶりに「カマツカ酒」の瓶を取り出してみた。

琥珀色のいい色をした「カマツカ酒」が出てきた。
ラベルのメモには、“2004年12月7日仕込み” とある。
奇しくも、丁度5年前の今日に仕込んであった。

2年前に試飲した時より、コクのある美味しい酒に仕上がっていた。
いい味だ。「5年もののカマツカ酒」である。



画像



それでも、あれから柳生さんとの約束も、まだ果たしていない。
一献かたむけるには500mlの量では少々少なすぎるかもしれない。(笑)

今年も「カマツカ」の赤い実は、初冬の空に際立っている。





<余計なお話>
画像  『カマツカ(鎌柄)』 
  バラ科カマツカ属の木本で、日本全土、朝鮮、中国に生育する
  落葉低木。高さ5m、直径10cmほどになると云うが普通はこ
  れほど大きくはならない。
  材は粘り強いので鎌や鎚の柄にされる。このことから「カマツカ
  (鎌柄)」と呼ばれるようになった。別名を「牛殺し(ウシゴロシ)」
  とも云う。牛の鼻ぐり(鼻環)に使うことから。
  (昔の人たちは知恵者が多いですね。こんな先人たちの知恵をい
  つまでも受け継がねばならぬと責任のようなものを感じます。)




 「カマツカの花(4月)」
画像  4月から5月にかけて、リンゴの花に似た白い花を咲かせる。
  短枝から10~20ヶの花を咲かせ美しい。
  花の直径は10~13ミリほどで花弁は丸く可愛らしい。

  果実は秋に赤く熟し紅葉した葉が落ちた後も残り、格好の野鳥
  の好物となる。
  赤い実を採取して果実酒をつくることも出来る。

 

 「紅葉して落ちたカマツカの葉」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

bigot爺
2009年12月08日 15:23
可憐な花よりも、「カマツカ酒」に目が、、、
味が想像出来ません。
庵主さま、、、、、!
庵主
2009年12月08日 18:25
bigot爺さん、こんばんは。
やっぱりねぇ! bigot爺さんは「カマツカ酒」の方が気になりますか。柳生さんとこへ持って行かれる前に飲みに来て下さい。なにせ500mlしかありません。
“味はなかなかのものです”としか今のところは云えません。飲みに来てのお楽しみに!

2009年12月08日 21:42
こんばんは~
カマツカの実が赤く可愛い実がなるのですね
其れでお酒どんなお味なんでしょう?
春のお花も可愛いお花、紅葉した葉も綺麗ですね
お酒も作れるなんて良いカマツカの木ですね
庵主
2009年12月08日 22:45
おととさん、こんばんは。
花もリンゴの花に似ていますが、実もまさにリンゴを小っちゃくしたような赤い実ですね。同じバラ科だから似ているのでしょうかね。(笑)
「カマツカ酒」の味ですか?優秀なソムリエではないので表現が難しいのですが、普通の果実酒の味です。渋みのある味で癖はありません。苦味もありませんね。美味しいですよ。
今のところ幹の直径は3cmほどですが、これからもっと大きくなってゆくようです。
2009年12月08日 23:28
こんばんは!
カマツカ…お初です。
お花も実もきれいですね。
柳生さんのご希望のように、その後広まったのですか。
赤い実がなる雑木林はどんなにか美しいでしょうね。
私は下戸でまるでダメですが、お酒もおいしそう~☆
2009年12月09日 00:01
こんばんは。
名前の由来に、なるほど~と思いました。
花も可愛いし、紅葉も素敵だし、赤い実が果実酒に!
カマツカは、とっても「いい木」ですね~
祖父が牛を飼っていたので、鼻輪はカマツカだったのか
妙に気になりました
2009年12月09日 13:29
庭に植えた木になった実で果実酒が出来るなんていいですねぇ。
焼酎に一滴加えて味わうなんてのも いけますかねぇ。。。 
庵主
2009年12月09日 18:40
うふふさん、こんばんは。
柳生さんは雑木林がお好きなのだそうです。「八ヶ岳倶楽部」も素晴らしい雑木林に囲まれた素敵な環境ですよ。「カマツカ」は雑木林によく似合う樹木です。花もよし、葉もよし、実もよしお酒まで造れるなんて云うことなしですね。(笑)
我が家の庭でも大事に育てています。
庵主
2009年12月09日 18:47
ミセスマンデルさん、こんばんは。
「カマツカ」はいい木です。お酒も造れますからなおのことですね。(笑)
お爺チャマが飼っておられた牛の鼻ぐりはきっとカマツカだったに違いありませんよ。その鼻ぐりにロープを結んで牛をコントロールしていたんだそうです。昔の人たちは本当に偉いと思います。
庵主
2009年12月09日 18:54
ログの大好きな徳さん、こんばんは。
昔の人は毒でない限り何でもお酒にしてたようですね。
焼酎にカマツカ酒を一滴なんて、“酒飲み”しか浮かばぬ発想ですよ。(笑)いいこと教えてもらいました。早速、試してみましょう。こりゃあいけそうですね。
徳さんのお山には「カマツカ」ありませんか?九州には少ないようですが・・・。探してみて下さい。
2009年12月09日 19:21
今晩は。
初めて知りました・・カマツカ!!
大きくなるのですね、赤い実のなる木大好きです。
庭には何本かあった木も無くなってしまいましたが、
今はソヨゴは揺れています。
良いですねお酒になったの!!・・花を愛で、実を喜び!
お酒で味わう・・・好いなあ!!
庵主さん・・もしかして1番は味わう・・・??
庵主
2009年12月09日 22:30
やろいさん、こんばんは。
そうなんです。柳生さんの話を聞いていて、果実酒が造れると云うから分けてもらったのです。花や実はどうでも良かったのです。(笑)
年々大きくなっています。これからもまだまだ伸びると思います。今年もお酒仕込みましたよ。実の数も随分増えてきましたから、お酒の量も増えて嬉しいですね。幸せです。(笑)
2009年12月10日 07:33
おはようございます 庵主さま
カマツカ 別名ウシゴロシ(すごいネーミングですね)があることは
知っていましたが 初めてお花や実を見ました。
きれいですね~またお写真がとても素敵です。
また柳生さんのところからの木を大事に育てお酒まで作ってしまった
とは素敵なお話です。
花も実も紅葉もそしてお酒も、、、カマツカ いいですね。(笑)
成長は早いのですか?どのくらいの大きさなんでしょうね。
赤い実がとても印象的 とてもかわいいです。 
庵主
2009年12月10日 21:33
primroseさん、こんばんは。
昔は雑木林に行くと良く見かけた樹木だったそうですが、今では探さないと見れない木のようですね。
上戸にとっては有難い木です。柳生さんからいいもの貰いました。(笑)
木としては成長は比較的早い方ですね。細い枝で上に真っ直ぐに伸び、5㍍ほどになると成長も止まるようです。直径は10㌢ほどです。
花も可愛いですが、赤い実も可愛いですね。
2009年12月10日 21:47
カマツカって初めて見ました。
花も実も葉色もよいですね!!
成長も早いようですね。
そして飲んでも美味しいとは、どんどん広がって欲しいです。
早速に気持ち玉有難うございました。
庵主
2009年12月10日 22:36
ハッピーさん、こんばんは。
これが、**だ。などと教えられたり、その正体がわかると以後、それによく気付くものです。よくある話ですね。(笑)
きっと、これから赤い実を見ると「カマツカ」?ってなるかもしれませんね。
花も実も葉も好し!「カマツカ酒」も好し。です。(笑)
今年は早々とブログもお上がりですか?いつも、次は何が出てくるのか楽しみにしているのですが。新年のお年玉期待していま~す。
よいお年をお迎えください。
2009年12月12日 10:03
お早うございます
私にもカマツカは初めてなのでやはりこれから赤い実は全部カマツカになってしまうことでしょうね(笑)お花が可愛いですね
でもやっぱり赤い実に目が行ってしまいますね(^^;
5年ものさぞ美味しいだろうな。。ゴクッと喉を鳴らしながら読んでいます
コケ魔女も何回か八ヶ岳倶楽部へ行っています
柳生氏と息子さんとで作る雑木林が懐かしい。。
一緒に撮らせて頂いた写真がありますよ
パンのシチューや果物のハーブティーが美味しいでした。。
きっと少しの量でも大喜びで柳生さんは味わってくれそうですね。。
庵主さんとカマツカと柳生博氏との出会いはは庵主さんらしい。。
懐かしすぎる思い出が蘇ってきました
庵主
2009年12月13日 19:08
コケ魔女さん、こんばんは。
何かと身辺ご多忙なのにコメント頂きありがとうございます。
「カマツカ」を初めて見たとおっしゃる方は意外と多いのですね。雑木林が少なくなってきたからでしょう。
「八ヶ岳倶楽部」の雑木林、素敵ですね。コケ魔女さんも八ヶ岳にセカンドハウスお持ちでしたね。あんな大自然の中で暮らすのは最高でしょう。
柳生さんとのショツト、庵主も何枚かありますよ。レストランの食事も美味しいからあちらへ行った時には必ず寄ることにしていますが、最近は何故か遠のいています。お酒を持って行かなくちゃいけませんね。(笑)
大川村の大自然
2009年12月21日 23:35
こんばんは。
「カマツカ酒」って、何かの特効薬ですか。
赤い実で、お薬のように思われます。
職業がらでしょうか???

お花もりんごの花に似て可愛いですね。
大川村にも、赤い実が沢山実っていますが
はっきりと「かまつか」と、見分けがつきません。
庵主
2009年12月30日 23:09
大川村の大自然さん、こんばんは。
身辺バタバタとしていて、ご返事遅くなってしまいました。すみません。
「カマツカ酒」は上戸には美味しくてご機嫌になれる特効薬です。(笑)
リンゴの花に良く似ていますね。バラ科の同じ仲間ですからね。カマツカの見分け方は葉っぱですが、まず紅葉します。4~12㌢ほどの卵形で先端は伸びて尖っています。縁には小さな鋸歯になっています。今は落葉していますから来年見比べてください。

この記事へのトラックバック